展示会でのノベルティアイテムの特徴

展示会には様々な分野が有ります。

その分野と言うのは、電気、機械、建設などのように大まかに分けられていたり、食品、加工、IT、放送機器などのように細分化されていたりと様々です。企業は展示会に参加する事で、展示会に訪れた顧客に対して、商品やサービスの紹介を行って企業アピールをし、顧客が商品やサービスを利用する事で利益に結びつく事になります。しかし、展示会で商談を行えるチャンスは多くは有りませんし、商談をしても必ずしも利益に結びつくとは限りません。

所で、展示会に行く事で企業のブースに訪れた時にノベルティを貰える事が在りますが。便利なグッズは長く利用する事が出来るため販売促進の効果を期待できるノベルティと言えます。ボールペンなどは普段使っているものが在っても何かと便利なアイテムです。会社の机の引き出しにしまい込んでいても、引き出しを開ければボールペンは目に入りますし、上着のポケットにいれておけば必要な時に直ぐに利用するが出来ます。尚、ボールペンには会社の社名やロゴマークが入れて在ることでノベルティの役割でもある販売促進効果を期待できます。

貰った人がボールペンを使う事で会社名を見たりロゴマークを見ることで何らかのアクションをすることも有ります。これはボールペンを使い続ける事で、その間は販売促進の効果を期待できますし、貰った人が人前でボールペンを使えば人目につきやすくなり多くの人々に対しての販売促進効果を期待できる広告もしくは宣伝が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *