ノベルティを作るときのポイント

販売促進のために記念品やグッズを作りたいと考える会社もあることでしょう。

これはとてもいいアイデアだと思います。なぜなら、グッズに会社の名前を記載しておけば、そのグッズを受け取った人はそれを使うたびに会社の名前を目にすることになるからです。商品を買ってもらわなくても、ノベルティーで会社を宣伝できる、その点はまさに素晴らしいところです。しかし、ノベルティーを作るときは注意しておかなければならないことがあります。それは、素材の悪いグッズを作ったり、まったく役に立たないグッズを作ってしまうことです。

これがどうしていけないかというと、逆に会社のイメージを下げてしまう恐れがあるということです。ノベルティーは、それをもらって嬉しいと思われてこそ宣伝効果があるのに、質の悪いグッズを渡して不快な思いをさせてしまったら、会社の宣伝になるどころか、イメージダウンにしかなりません。素材の質がいいだけというのもよくありません。

本当に販売促進効果を出すためには、そのグッズを何度でも使ってもらえるような、便利で役に立つものにしなければなりません。このように、ベルティーは、作りさえすればそれで企業イメージをアップできるわけではないことを覚えておいてください。それを受け取る人をいかに喜ばせることができるか、またいかに忘れさせないようにできるか、その点を意識しながら制作する必要があります。したがって、作る前のリサーチやコンセプト会議が重要になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *