現在のノベルティ文化とは

ノベルティとは、もともとは目新しいもの、斬新さ、という意味がありました。

しかし現在では、企業が自分の会社や自分の会社の商品を宣伝するために、企業名や、広告を入れて製作し、顧客や消費者へ無料配布する記念品のことを指すようになりました。ノベルティを媒体とした広告をスペシャリティ広告(特殊広告)と言います。その広告方法には、その企業やその企業の商品の認知度を高め、イメージアップをはかり、そのイメージを維持するためにはとても役立ち、またそれが集客力アップにもつながるという効果があります。

そのため、各社より顧客や消費者にとって魅力的なノベルティを選ぶことに力を注いでいるのです。現在では本当にたくさんの種類のグッズが出てきています。代表的なもので言うと、カレンダー・手帳・ボールペン・時計などオフィスで使えるような実用的な品物です。他にも、マグカップ・グラスやタオルのように家庭で使える実用的な品物もよく見られます。最近ではその時々の流行りにのった便利グッズも見られるようになりました。タンブラーやエコバッグなどもその代表です。

しかも最近のノベルティの特徴といえば、ただの企業の宣伝広告用には見えないほどのおしゃれさにあります。お金を出してでも欲しいと思えるようなクオリティのグッズがたくさん出回っています。それだけこの宣伝効果がいかに大きいものかというのが分かると思います。皆さんもぜひ街中に出回っているノベルティを集めてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *