今多いノベルティグッズ

世の中にあるほとんどの会社や企業でノベルティグッズを持っています。

作っていない会社は、あまりありません。社名の入った粗品など、会社の設立時になにかしらの記念品を用いてお披露目をすることが多いからです。タオルやポケットティッシュなどが粗品では多いですが、最近ではウェットティッシュやスマホを充電できるモバイルバッテリーが多いイメージです。やはり実際に使うことが出来る機能をポイントなのでしょう。

ボールペンなどはありきたりですが、必ずノベルティとしてあります。夏場はうちわや扇子、冬場にはカイロやマスクなどの季節ものも多い印象です。コスメの会社ならミラーや爪切り、ポーチ類が代表的です。やはりどの業界でも、取り扱う商品に関連したノベルティを作成しているところばかりです。また関連商品がない場合でもカレンダーや手帳など、年末のご挨拶にかかせないグッズを作るがほとんどです。ネット検索で調べてみると流行り物のグッズがすぐに分かります。

実際に作るとなると制作会社にお願いすることになりますが、出来るだけたくさんの会社に見積もりを請求することをお勧めします。そしてサンプル品を提示できるかどうかも大きなポイントになります。口コミも大切ですが、一度自分で手に取ってみて初めて見極めることが出来るので、ノベルティグッズといえども手を抜いてはいけません。納期の長さやロット数、修正は可能かどうかなど細かい情報も必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *