ノベルティを利用するシーンと効果

ノベルティ商品は会社や商品などを宣伝する際のキャンペーンなどに利用され、ほとんどの場合に商品に会社名や商品名を印刷します。

商品の利用をステイするシーンはたくさんあり、不特定多数の集まる場所やイベントなどで配布したり、来場した人への記念品や粗品といった形式で利用されることもあります。人気の商品はカレンダーやボールペンなど日常的に使用されるものが多く、記念品の場合には缶バッジや衣類なども採用されます。ノベルティ商品は販促を目的に利用されることもたくさんありますが、企業広告や広報などのPR活動にも使用されます。

商品は主に無料で配布されることが多いために、予算額は絞られますが、ノベルティを利用するか利用しないかでは販促だけの効果を見ても違いはあります。イベントなどへの来場者や飛び込み営業などに利用すると、成約率を増やすことにもつながります。無料で配られる商品でも顧客のニーズははっきりとしていて、実用的な商品の利用が実際の成果につながります。

ノベルティの利用は顧客の興味を惹くことも重要ですが、配布して興味を持ってもらえないのは、ターゲットを絞り込んでいなかったり商品自体に魅力がないことも挙げられます。シーンに応じた商品選定と、配布するユーザーのターゲットを絞り込む必要があります。限られた予算を有効に活用するためにも、ノベルティ商品の利用は想定する顧客層の興味をしっかりと把握することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *