ノベルティでもらって嬉しいもの

ノベルティも時には粗品と同じような扱いをされてしまうこともありますが、やはり制作する時にはきちんと作りこんだ方が喜んでもらえますので、その分だけ宣伝効果も高くなるといっても差し支えありません。

もらった側が「嬉しい」と思ってもらえるかどうかを一度考えてみるのも良い事です。無料で配布することになる事が殆どであるノベルティですが、作る時にはお金がかかります。もらう側としては、やはり無駄にならないような実用品の方が受け取ってもらうためのハードルは低いです。文房具やティッシュ類、タオルなどはたくさんあっても困りませんから、定番ものとしても作りやすいと言えるでしょう。

けれども社名のロゴなどしかないとなると、何となくデザインが気に入らなくて結局喜ばれずに終わってしまうという事もよくあります。何をもらって嬉しいかはその人の状況にも寄りけりですので、100%誰にでも喜ばれるノベルティを作るというのは想像している以上に難しい事です。なので、がっかりさせないようなポイントを挙げながら作るというのも一つの手です。

社名だけしかないというのもがっかりさせる要因の一つによく言われますし、デザインが良くてもすぐに壊れてしまうような品質だと結局不満が残ってしまいます。ある程度上部でそれでいてデザインも過不足ないように、発注する前には見直してみましょう。喜ばれるノベルティであればその分お店や会社の印象も良くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *