ノベルティの作り方は

ノベルティの作り方ですが、いくつかの基本があります。

最も大事なのはやはり顧客の目線で物を考えることでしょう。これは言われなくても当然のことですが、複数の人で、いろいろと案を練れば練るほど作る側の論理というか、最大の宣伝効果を狙いたいという気持ちばかりが強くなって、結局は顧客の目線で物を考えられていない結果に至ることが多いのも事実です。宣伝効果のみを最大化しようとして現実には到底使えない、気恥ずかしくて使いたいとは思えないようなものを作ってしまうことのないように注意しましょう。

似たようなことですが、配るタイミングというかシーンまでしっかりと計算に入れ、その場でもらうからこそ最大限に嬉しいと思ってもらえるようにできればなお良しです。同じノベルティであっても、冬場にカイロをもらうのと夏場にもらうのとでは効果は全くと言ってよいほど違うというか、むしろ正反対でしょう。これは極端すぎる例ですが、このようにタイミングやシーンまで考えた上でノベルティを作る必要があります。

これは宣伝効果を上げるために役立つというだけではなく、実は最大のコストパフォーマンスを得るという点でも大きな意味があります。その場に相応しいグッズであれば、コスト的には大したものではなくても非常にありがたいと思ってもらえることが多いからです。他には、ノベルティを受け取るシーンは外出時が多いでしょうから、持ち帰るのに困ることのないよう、小さめで軽いものにすることも基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *