デジタルグッズのノベルティ

デジタルグッズのノベルティとなると結構コストがかかってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、最近は決してそうでもありません。

多くの社会人がパソコンやタブレットなどを利用していることを考えると、デジタルグッズというのは欲しかったノベルティということになり、また日常的に使ってもらえるということで宣伝効果も高くなります。

さらに、一般的に消耗品ではありませんから、長期間にわたり使ってもらえること間違いなしという利点もあり、多少のコストアップであればノベルティとして十分に元が取れる範囲でしょう。

例えば手の中に収まるくらいの小型マウスなどが挙げられます。小型とはいえ立派に使えるマウスで、確かに普段使いには小さく使い勝手が良くないかもしれませんが、出張や外勤時には喜ばれることでしょう。あるいは、昔からあるものですがUSBメモリはデジタルグッズの定番の一つです。

情報漏洩などの原因となることから今では社内での使用を制限している企業もあり、イメージ的には若干宜しくないかもしれませんが、個人的な用途では今でも重宝しているという人は多いはずです。あるいは、AC電源からUSBに給電できるコネクタなども、USBから充電するスマホやタブレットなどの情報機器が増えてきた現在、誰にでも喜ばれるグッズと言えるでしょう。ここに挙げたようなグッズはいずれも単価数百円程度のものであり、ノベルティとして十分成立するものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *