飲食物のノベルティは

飲食物のノベルティは、昔はタブーとまでは言わないまでも少なくとも一般的ではないものとされてきました。

口にするものだけに安全性が気になるということの他に、ノベルティとしてはできるだけ長期間にわたって目に触れるような使い方をしてもらいたいというのが大原則として存在しており、食べることでなくなってしまう飲食物はふさわしくないという考え方があったわけです。ですが、それだけ飲食物のノベルティは絶対的に珍しいわけですから話題性という意味では大きなメリットがあることに次第に気付いた人も多くいます。

食べることでなくなってしまっても、話題に上ってもらうことができれば十分に目的は果たせるかもしれません。そもそも長期間使えるものでも、実際には使われないままにされてしまうことも多いのです。であれば一過性であってもインパクトを持ち、しかも話題にしてもらうことのほうが良いというわけでしょう。安全性についても一般の飲食物と変わらない程度に品質管理されていれば問題はありません。

良く使われるものとしては飴玉、ガム、クッキーなどがあり、パッケージに名入れするパターンと、食べ物そのものに名入れするパターンとがあります。もちろん後者のほうがインパクトがあるでしょう。

飲み物のノベルティもあり、今ではペットボトル飲料が多く出回っていることからそれをノベルティとして名入れすることも比較的容易になっています。単なるミネラルウォーターであっても結構なインパクトがあるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *