ノベルティで可愛い飴を作ろう

ノベルティのお菓子の中でも定番品と言ってもいいほどの飴ですが、いろんな表現をすることができるので、作る会社をしっかり吟味して選びましょう。

手軽に作れるタイプとしては、幾つか飴が入っていて包装に印刷をするというものです。値段も安価なので、たくさん作って配布するのにもとても便利です。最近は棒付きキャンデーの可食部分に印刷をしたり、そのパッケージにもセットで印刷をして印象を強くするようなものもあるので、デザイン次第でアピールの表現の幅を広げていけるだろうということを感じさせてくれます。

金太郎飴のように、カットした状態で絵や文字を入れているようなものもありますので、オリジナルのノベルティらしさを十分に出すことができます。予算や目的に合わせていろんな形状で作ることができるのも、ノベルティの飴の強みです。たくさん配布するときには大量生産向きのアイテムが揃いますし、季節の行事などでここぞというときに配布するときには、飴そのものにプリントをしたりするなど、特別感が出るような作り方をすることもできます。

もちろん単にノベルティとして配布するから見た目だけ良ければよいのではなくて、しっかりと食べても美味しくないと残念な思いになってしまうので、味にもこだわっているところを選ぶとより安心して飴を作ってもらうことができます。夏場は溶けたりするので使いにくい部分もありますが、使いどころを絞ればしっかりと可愛らしく活躍します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *