効率の良いノベルティ

販売戦略の一つとしてノベルティは、お客様と接点を持ちながらアプローチできることから多くの企業が行っています。

ただその目的となる自社ターゲットである消費者に対して、自社の名前や商品のブランド名を認知してもらうには、ターゲットの興味・関心を得る効率の良いノベルティを作成する必要があります。単に企業名やブランド名を印刷して配布すれば良いと考えていると、的外れなものになってしまう可能性が大きくあるからです。

どんなノベルティを作成すれば興味や関心を持ってもらえるかを事前に充分考えることが大切となります。それには、実用性や季節性などと共に配布する場所なども考慮していくことをお勧め致します。例えば展示会やイベントの出展の際に配布する場合は、その展示会などのテーマにマッチしてものを選定することや、家族向けの製品をアピールしたい場合には、行楽シーズンや季節ごとの行事なども念頭に入れることで実用性の高いものを使い勝手の良さとともに考えてみることが大切です。

大切なことは、使ってもらえるもの・気軽に持ち帰ってもらえるものをイメージして作成することだと言えます。ターゲットとなる消費者が使いづらいものや持ち帰れないものなどは、受け取る側も迷惑であるという意識を持つことで、ノベルティが認知やサービスの告知として生かされる第一歩となりうるからです。効率の良いノベルティこそが、その後の結果や効果を生む材料としてポイントを確実に押さえる戦略となっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *